2017/10/15

頭皮鍼をする前の検査方法(脊髄空洞症を例に)

頭皮鍼検査
    頭皮鍼をする前の検査


このところ頭皮鍼をよく使っていますが、かなりいい成果が出ています。
成果が上がる原因を考えてみますと、今やっている頭皮鍼は、「その部位に刺鍼してもいいのか否か」と、刺鍼部位を探って判断しているからではないかと考えました。

その方法は、上の写真のように、だいたいの検討を透けてから、さらに「鍉鍼」で範囲を狭く設定して、さらに鍉鍼を上下左右に動かして頭皮の変化を確認して、初めて刺鍼するようにしています。

上の写真は、スタッフの頭をモデルに検査の方法を撮影したものですが、部位で言うと「任脈・脾経」或いは「大脳」の辺りを探っています。
部位については、頭皮鍼の種類が多いために、「これがいい」と発言すると問題が出そうなので控えますが、部位のある程度の目安が着いたら、写真のように鍉鍼で「点」或いは「線」を定めて刺鍼するほうがいいようです。

たとえば昨日、脊髄空洞症の患者さんが来たのですが、その方は左腕や手に痛みと痺れがあります。
これまでも3回ほど治療していて、治療をすると指先の痺れは残りますが、痛みは取れるようです。
そこで昨日は、上の検査方法を使って、脳幹、大脳、小脳、腕、手の辺りの検査をしながら鍼をしたら、痺れも取れたと言うのです。
その状態が、どれぐらいの期間維持できるかは、まだ分かりませんが、大きな期待をかけてしまいます。

脊髄空洞症とは、 秋田県立脳血管研究センター によりますと、
【脊髄の中に水が溜まり、脊髄が「ちくわ」のような形になってしまう病気です。この病気の多くは、後頭部の奥にある小脳が生まれつき脊髄の方へ下に落ち込んでいる(キアリ奇形といいます)ことが原因で起こります。他には脊髄損傷や、脳脊髄の癒着を起こすような病気でも起こることがわかっています。いずれも、脳と脊髄を循環している脳脊髄液と呼ばれる液体の流れが滞ることにより空洞ができると考えられています。脊髄は脳の命令を全身に伝える神経線維の束ですから、この部分に空洞ができると感覚障害や運動麻痺が現れてきます。】と説明されています。

※ キアリ奇形とは
小脳、延髄および橋の発生異常を基盤とする奇形で、小脳・脳幹の一部が大後頭孔を超えて脊柱管内に陥入する形態を呈する疾患です。大後頭孔から脊柱管内への小脳や脳幹の下垂などの後頭蓋の脳の形態を4型に分けられています。我々の施設では、キアリ奇形Ⅰ型(小脳扁桃の頚椎管内への嵌入)の治療を行っています。

※ キアリ奇形Ⅰ型
キアリⅠ型奇形の診断は大後頭孔から小脳扁桃先端が 5 mm以上下垂していることとされています。
約50%に脊髄空洞症を合併、脊髄空洞症を有する患者の約1/3に側彎症を合併、水頭症が10-30%合併。
発症は20-40歳台の成人で、女性に多い傾向。
症状:後頭部痛や頚部痛脊髄空洞症を伴っている場合、手の痛みや温度に対する感覚が弱くなったり、力が入らなくなったりします。
検査:頚椎MRIを行うことで診断することができます。


昨日は、その方以外にも10人ほど検査をしながら頭皮鍼をしたのですが、それなりに上手く治療できました。
印象に残ったのは、先日有名な医師が当院に来られて、「記憶力」の治療をしてもらった方です。
私がブースに入るなり、
「先生、あの鍼効きましたわ。きょうもやってくれませんか。忘れたと思っていたことがどんどん思い出されてくるんです。良かったわー」と言っておりました。

びっくりです!

私はその方の話を聞きながら、
「たった1回の鍼で、そんなことができるのか。ほんとなのか」と考えながらも、同じように鍼をしてあげました。
すると、帰りにも
「あの鍼はほんとに良かったわー。忘れたと思っていたことがどんどん思い出されてくるのには、ほんとに嬉しいですわ、うふ ♪ ♪ ♪」と強調していました。

強調してくれたのは多分、私が「疑いの目」をしていたのでしょう。(^_^;)



このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。


2017/10/14

不眠症:「太陽フレアがあった頃から眠れない」

不眠
    不眠での頭蓋鍼治療の様子


≪地球に電気帯びた粒子到達≫というタイトルで、毎日新聞電子版(2017年9月8日)で、以下のような記事がありました。
太陽表面の爆発現象「フレア」が6日夜観測され、情報通信研究機構によると、太陽から放出された電気を帯びた大量の粒子が8日午前9時ごろから地球に到着し始めたという。人体への影響はないものの、過去には人工衛星の故障や大規模停電のほか、全地球測位システム(GPS)の誤差が大きくなるといったトラブルを起こした経緯があり、警戒を呼び掛けている。【柳楽未来、阿部周一】

幸い、そんなに大きな影響はなかったようですが、当院へ来られている方が、その頃から不眠症になってしまったそうです。
多分、脳に炎症が起こっているのだろうと思い、「頭に豆腐シップをして頭をひやしたらどうだろう」と応えておきましたら、「ちょっとはいいような気がする」と話していましたが、やはりぐっすり寝ることができないということでしたので、昨日来てもらいました。

上の写真が治療風景ですが、大脳、小脳、臓点などに反応がありましたので、反応に従って頭に鍼をしました。
そして、
「眠れても、眠れなくても、きょうの結果をメールで知らせてくれませんか」とお願いしておいた。
今朝、と言っても先ほどメールがきました。

====================================
眠れました!
2時間で目が覚め、1時間だけ眠れずにいましたが、その後4時間も眠れました!
今日も続けばいいのですが…
有難うございます。
====================================

お礼のメールを送ったら、引き続きメールが来ました。

====================================
昨日の治療後、印堂辺りから、ぐるっと背面を回って剥がされて、抜けるように軽くなった感じでした。
陽がよほど「実」していたのでしょうか? 
小脳の反射区は、押さえると痛いです。
ありがとうございます。
====================================

患者さんは、
「早く治してほしい」と考えている一方で、
「治療には時間をかけてほしい」と考える人が多いようです。

3~4年前に開発した「頭蓋JAA」(頭蓋関節調節鍼)は、頭の鍼だけで症状を消してしまうので、あまりに短時間に、あまりに簡単に症状が治まるので、なんとなく「つまらなくなり」、しばらく手技療法の研究を主流にしてきました。

しかし、業界で「時短」という言葉が流行りだして来たので、「そろそろ行こうか」ということで、再び「頭蓋JAA」を引っ張りだしてきたのです。



このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。


2017/10/13

耳が遠い(聞こえ辛い): 難聴の鍼

難聴の鍼
    難聴に使う董氏の鍼の応用


2日前の(10月11日の)ブログで、『耳鳴り、難聴と肝・腎の関係:研修で学んだことと董氏の鍼』というのを書きましたが、きょう来られた難聴の方に、先日の研修で学んだ方法を使ってみました。
ブースに入って、私が話しかけると、「えっ? 何ですか?」という顔をして、笑うだけなんです。

そこで、「これは難聴の治療からしないと、話ができないな」と思い、

「かなり聞こえが悪いようですねー。先に耳の治療からしますね」と言うと、それも聞こえてなかったようで、

「ん? 何ですか?」と言うので、もっと声を大きくして、

「耳の治療からしますね。ちょっと痛いですが、多分聞こえが良くなると思いますよ」と言ったら、今度は半分ぐらい聞こえたようで、

「耳ですか? はい」とまた笑うので、そのまま治療にかかることにした。

使うツボは、上の写真にある董氏の「花骨一穴」というツボからの応用です。
董氏の鍼では足裏から鍼を刺すのですが、私は足の甲から刺鍼しました。
理由は、先日のブログにも書いたのですが、董氏の鍼は足裏からかなりの深さで、足の甲まで届いても不思議ではない刺し方だったので、足の甲から刺しても効果がある、という自信があったからです。

そして、もう一つの大きな理由は、昔「足裏鍼」というのもやったことがあるのでわかるのですが、足裏への鍼は痛いので、あまりやりたくなかったのです。
そして先日の病院での研修でも、何人も足裏に鍼をするのを見たのですが、やはり、かなり痛そうだったのです。
ですから写真にあるように、足の甲から刺鍼したわけです。
そして、その「花骨一穴」というツボと、耳の周囲へ鍼をしたのですが、驚きました。

一応の治療が済んで、ブースに入っていくと、その方は、起き上がって、耳のソバで軽く手を叩いているのです。
何をしているのだろうと思ったのですが、少し小さな声で話しかけてみましたら、ちゃんと回答してくれるのです。

「あ、良くなってる」とすぐに分かりましたが、ご本人が、

「聞こえます。良くなった感じがします。今、こうして手を叩いてみたのですが、今までだと聞こえなかったのに、聞こえるのです」と言い。喜びの微笑を浮かべてくれました。

そして、さらに、
「良くなったようです。ほんとにありがとうございました」と言うのです。

そして、ご主人のいる待合に来たのですが、ご主人も多分その会話を聞いていたと思うのですが、多分、多分ですよ、多分、奥さんの耳のテストも兼ねていたと思います。
小さな声で「時計の何とか」と話しかけるのです。
すると奥さんは普通に返事をするので、私が、

「ほんとに良くなったようですねー。今の御主人の声は普段より小さかったですよ」と言うと、ご主人は、「そうだ」という顔をしながら頷いていました。
そして再び奥さんが私に向かって、

「いや、ほんとにありがうございました。ほんとにありがとうございました」と、命の恩人にお礼を言うように何度もお礼を言っていました。
私自身、そんなに効くとは思ってなかったし、内心「これまでの難聴の治療と、そんなに変わらないだろう」と考えていたこともあり、私のほうがビックリしました。
私は考え直さなければなりません。

後は、どれぐらい戻るか、何回ぐらいで「ほぼ完治」するかです。
それには、次回この方が来られるまで分かりませんので、待つしかありません。
しかし、病院の研修中に患者さんから聞いた話のようだと、かなりいい結果が期待できそうです。



このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。


2017/10/12

「右のお尻の上が痛い」「手が震える」・・・頭皮鍼の効果はすごい!

背中が痛い
    右のお尻の上が痛い

手が震える
    手が震える


頭皮鍼法には面白いテクニックがあります。
たとえば、20代の女性で、「右のお尻の上側が痛い」という方が来られました。
右の腸骨稜のことですが、まずは、最近よく使う 「頭蓋JAA」 で痛みを取ってから他の治療をしようと考えました

このような痛みなら、手技療法でも取れてしまうのですが、手技療法だとベッドに横になってもらわなければならないので、座位のまま頭蓋への鍼で痛みを取ることにしました。
そして上の写真のように、髪の生え際より少し内側に入った部位に1本鍼をしました。

「どうですか?」と聞くと、

「はい。痛くないようです」と言います。

「いや、それでは分かりにくだろうから立ってみて」と立ってもらった。

それから、前後左右に動かして、痛みを確認してもらったのですが、ニコニコ笑いながら、

「痛くないです」と言う。

それからスカルセラピーをして、経絡治療をしてから再度確認をしてもらうつもりで、ベッドから降りて床に立つように指示したら、床に足を着くなり、

「あ、すごい! 足の裏が床に着いています。ピタッと着いています」と言う。

「ん? ん? 足裏が着かなかったの?」と聞くと、

「はい」と笑いながら頷いていました。

経絡治療との関係もあるかも知れませんが、おそらく最初にした「頭に鍼1本」が効いたと思います。
何故なら、このところ何人もの患者さんを頭皮鍼で治療しているからです。
頭皮鍼法にもいろいろありますが、変化を出すのが早いのです。


たとえば、2番目の写真を見て下さい。
この方は、

「ご飯を食べる時にお父さんが、手が揺れているよ、と私の手を摑まえるんです」と言って来られた方です。

とりあえず、どれぐらいの揺れかを確認しました。
なるほど、「これではお茶もこぼれて飲めないだろうな」というぐらい震えていました。
そこで、座位のまま頭に3本鍼を刺し、再び震えを確認してもらったら、震えが止まっていました。

「あらー、嬉しいわー。どうしようかと思っていました」と喜びの声を上げていました。
それから仰臥になってもらい経絡治療を行なったのですが、
そやそやと思い、

「あのー、ブログに使いたいので、頭の写真撮ってもいいですか? 顔は写らないように撮りますので」と許可を取ってから、上の写真を撮らせてもらった。
そして、顔が写ってないことも確認してもらいました。

さて、上の二つの写真を見ても、何が何だかわからないと思いますので、今後ゆっくり説明していくつもりですが、ここでは簡単に説明しておきます。
一番上の写真は、頭部への七星配置で、「地=心包・三焦」の角度になり、「右の地」を動かせば、右半身も動くだろうと使ってみたのです。
二番目の写真は、「大脳」、「小脳」、「木=肝・胆」を狙って刺したものです。

やることは一杯あるのですが、いつも「痛みがあれば痛みから、なければ主訴から先に治す」と考えているので、このような簡単で効果の高い治療法を突き詰めていきたいと考えています。



このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。


2017/10/11

耳鳴り、難聴と肝・腎の関係:研修で学んだことと董氏の鍼

親指足底
    董氏奇穴図譜治療学にある「花骨一穴」


董氏奇穴図譜治療学表紙
『董氏奇穴図譜治療学』中華民国88年(1999年8月)第三刷版


音は外耳から中耳、内耳へと伝わります。
内耳では電気的信号に変えられ、神経を介して脳に伝わります。
この流れの中で、どこかに障害があると、聞こえが悪くなって難聴になります。

耳が聞こえづらいと感じた状況別を分けてみますと以下のようになります。
① 外傷(耳をぶつけたとか耳かきでほじくり過ぎた等)
耳かきでの外傷は鼓膜に傷がついたときで、こんな場合は耳鼻咽喉科で診てもらったほうがいいです。

② 大きな音を聴いて難聴になる人も少なくありません。
この場合は、聴覚を司る蝸牛(かぎゅう)が大きな音や衝撃により損傷を受けたことによって起こります。

③ 大音量で音楽を聴いたりした後に、耳がキーンとして詰まった感じになる「急性感音難聴」と呼ばれる難聴。

④ 騒音の中で長期間働いて起こる「騒音性難聴」と呼ばれる難聴。

⑤ 耳が炎症を起して起こる難聴。
飛行機に乗って急激な気圧変化や、風邪やインフルエンザになったときの難聴。
いわゆる「急性中耳炎」と呼ばれる難聴。

⑥ 耳に水が入ったときに聞こえなくなる難聴。

⑦ ダイエット等で体重が減少したときの「耳管開放症」と呼ばれる難聴で、所謂栄養失調による難聴です。

⑧ 睡眠不足、精神的ストレス、騒音などの肉体的ストレスなどで、耳鳴りやめまいが起る場合もあり、突発性難聴、メニエール病、低音障害型感音難聴の引き金になる可能性もあると言われます。

⑨ 薬の副作用によるもので、結核の薬、リウマチの薬、利尿剤、抗がん剤などが知られています。所謂薬害です。

⑩ 加齢によるもので、内耳や神経や血管の老化で「老人性難聴」と呼ばれるものです。

⑪ 突発性難聴。原因が特定されない場合が多く、鍼灸院に来る方々の多くがこの「突発性難聴」です。

さて、難聴を治療する方法としては、耳の周囲にも鍼を使いますが、臓腑活性も考えて「肝・胆」と「腎・膀胱」も狙います。
狙うと言っても、鉄砲で撃つわけではなく、肝臓系と腎臓系の機能を整えるということです。

その方法は、手足のツボを使っての「経絡治療」もするのですが、今までの経験からすると巨鍼が著効を現したように思えます。
というのは、小さい鍼だけで治療するよりも、巨鍼を使ったほうが治療回数が少なくて済むのです。
「大きな鍼が怖い」と言う人には、巨鍼は使いませんが……。

それは何故かというと、耳の構造は「膜」「耳小骨」「筋肉」で構成されているからです。
そして、東洋医学では、「肝は筋膜を主る」と言い、筋肉や膜は肝臓が支えているという言い方をします。
さらに、「腎は骨髄を主る」とも言い、腎が骨や髄を支えていると考えられてきたわけです。

となると、先ほどの耳の構造は、「膜、筋肉、骨」でしたので、肝と腎に支えられているということになります。
つまり、肝と腎が整えば、肝経、腎経が支えている器官も整うと考えることができるわけです。
もちろん、難聴などになると耳自体も代謝が落ちていると考えますので、耳の周囲も代謝を上げるために鍼をします。

ここまでは一般的な東洋医学なんですが、先日の研修では、なんと、足の裏に鍼をするのです。
聞いただけで痛そうですが、実際にも痛そうでした。(^_^;)
がしかし、鍼をした後は聞こえが良くなるようでした。

そのツボのことを、董氏の鍼では「花骨一穴」と言い、主治に「耳鳴、耳聾(じろう)」と書かれています。
董氏とは台湾の有名な医家で、独自の経穴や手法であらゆる難病を治療して来られた先生です。
耳聾とは、耳が聞こえないことですので、難聴と言うことです。
そして、このツボの位置を診ますと、肝経が流れる足裏になります。
つまり、足裏から肝経を狙っていると考えることもできます。

「それなら裏から狙わずに足の甲から鍼をすればいいではないか」という質問が出てきそうですが、その本には「鍼の深さ5分から1寸」と書かれています。
つまり、それだけの深さだと足裏から足の甲の近くまで突き通し、途中の筋肉や腱も整えていると考える事ができるわけです。

即ち、経絡というのが、筋肉に影響を与えているとすれば、深いとところにある筋肉を強く刺激することで、治療効果を上げることができると考える事ができるわけです。
実際にも、中国鍼と日本の鍼を使ったときの違いを知っている鍼灸師は多いはずで、中国鍼の刺激量は、日本の毫鍼とはかなり違います。

私たちが実験した結果によりますと、5番鍼と3番鍼でも大きな違いがありました。
その実験の様子は 『人体惑星試論奥義書』 に書いてありますので、興味のある方はそちらを参考にしてください。

それで、昨日の研修では、鍼をした直後に、「どう? 聞こえる?」と質問すると、「はい。先ほどより聞こえる気がします」という答が返ってきました。
鍼をして5分か10分ほどして、そのような返事が返ってくるのです。
もっとも、こちらの先生は有名な先生ですので、「治る」のが当然かも知れません。

当院での耳の治療は、経絡治療、耳周囲への刺鍼、巨鍼で肝腎を整える、というパターンで、それなりにいい結果も出しているのですが、その共通点を考えますと、やはり「肝・腎」の治療がメインになっているのではないかと考えました。

その他にも興味深い治療法がありましたので、先方の先生(医師)に迷惑がかからない範囲で、研修報告をさせて頂ます。



このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。