2018/07/12

治り難い病気は目を見る! 虹彩&スクレラの撮影と分析方法 (7/22の臨床実践塾準備)




虹彩から見えるモノ 



体のいろいろな症状には、治り難いものもあります。
そんなときに何をするかと言うと、当院では虹彩分析をします。
虹彩分析は何年か研究したので、虹彩を観れば、何が原因かがわかるからです。

たとえば、首が痛いとか肩が痛いとかという場合、多くがその場で治るものですが、中には、すぐに再発してしまう方もいます。
それは、根本的なところまで治ってないからです。

根本的なところと言うと、たとえば上の虹彩で言いますと、虹彩の上のほうに白い雲がかかっていますが、その雲が大きくなったり、色が濃くなったりすると、脳血管の動脈硬化が考えられます。
これはいわゆるコレステロールと考えられます。

この方はそうではないのですが、コレステロールが血管に溜まると、動脈硬化が起こりますので、血液循環が悪くなり、いろいろなところが硬くなります。
それが、首痛になったり、肩痛になったりする場合もあるわけです。
※ それが全てということではありません

ただ、この方の場合は、腸に炎症反応がありますので、そちらからくる肩や首の痛みも出てくる可能性があります。
それは、腸に異変が起こると、大腸経の経絡は肩を通りますので、経絡が肩で滞るからです。

それではどうするのかということになりますが、その場しのぎなら鍼灸やマッサージでも構いませんが、「根本的に治したい」と言うのであれば、食事に気を付けることです。
食事のことは、詳しく説明すると長いし、一回や二回では覚えられませんので、当院ではポイントだけを説明して、次回に来られたときに、

① 食事に気を付けたか

② まったく食事のことを無視していたか

を観るようにしています。

そして、虹彩だけでなく、スクレラも観る場合があります。
スクレラとは「白目」のことですが、虹彩が変化するには年単位の時間が必要ですが、スクレラの場合は、週単位で観察することができます。
※ 場合によっては、1~2時間で変化する場合もあります

今回の臨床実践塾は、虹彩やスクレラの撮影、そして虹彩分析やスクレラ分析などを起こしたない、分析結果に合わせた食事療法(と言ってもポイントだけ)を解説していきたいと思います。

虹彩カメラを会場まで運ぶのは大変ですので、今回の講習は当院で行います。
2018/07/11

モートン病は臓腑治療をすることで再発を防げます




第3趾と4趾の間に手術痕がありました



モートン病は、「内臓反射で現れた傷み」と考えたほうがいいです。
モートン病になった方はわかると思いますが、民間療法の多くが「その場しのぎ」の治療が多いからです。
そして、病院でも大差はありません。

足底にインソールを入れて痛みを緩和させる程度では「治る」ではないからです。
そして、徐々に手術のほうに導いていくようですが、手術をしても一緒です。
一時的に「気を紛らわす」程度と考えたほうがいいと思います。
理由は、治らないからです。

それでモートン病というのは、どんな病気かと言いますと、主に第3趾と第4趾の間、あるいは、第2趾と第3趾の間にしびれや痛みや灼熱痛などの神経症状が出てくる症状です。
つまり、中足趾節関節部に痛みが出てくるわけです。
※ 稀に、第4趾と第5趾の間に出ることもあるようです。

ここまで書くと、七星論を勉強した人なら、「あ、そうか!」と理解することができるはずです。
そして、現代医学では「モートン病の原因」を、「ハイヒールや中腰で仕事を行う職業」などとしているようですが、ハイヒールを履かない方や、中腰の仕事をしない方にも発症することから考えると、それはおかしいです。

先日来られた方も、モートン病で手術までした方でしたが、この方は事務をしている方で、腰に負担がかかる仕事ではありませんでした。
そして、年齢的に高いハイヒールを履くこともないはずです。
「年齢的に」とは、このモートン病は、中年以降の女性に多く発症するからです。

しかし、治し方は至って簡単です。
答えから言いますと、七星論で言う「地」か「火」の問題です。
ですので、この方も、脈診と脊椎診はしたのですが、診断の必要もないぐらいです。
七星論で考えると、病因がはっきりしているからです。

なので、脊椎診のついでに、上部胸椎の一部を押して、

「これ、痛いんじゃないですか?」と聞くと、

「はい。痛いです」と言い、胸椎の反射区を押して、

「これも痛いんじゃないですか?」と聞くと、

「はい。これも痛いです」と言っていました。

七星論は、ここら辺が優秀なところで、症状を聞いただけで、体に出た反射区で確認できるのです。
そして、最も大切なところは、「症状から判断した情報を患者さんと共有できる」ことです。
何故大切かわかりますよね。

それが指標になるからですね。
その指標で、治ったかどうかを確認できるからです。
それが、患者さんを安心させることであり、納得できることなのです。
そして、七星論での「臓腑判定」を説明しますので、自身の体に出た症状の「解決策」まで見つかるので、後は目標に向かって進むだけです。

この方は、手術をして、手術痕が硬くなっていましたので、軟らかくするために、3か所お灸をしました。
すると、お灸が済んでから、大きな声で
「趾が開きます」と言っておりました。

そして、スタッフも、大きな声で、
「先生、趾が開いたと言っています」と言うのです。
私も趾が開かないことは知りませんでしたので、
「そうか、それは良かった」と言いながらブースに入っていき、足を見せてもらいました。(^_^;)

これで、原因も治し方も教えたので、「多分、来ることはないだろう」と考えていたのですが、親戚の病気の相談がありました。
当院から、だいぶ離れたところに住んでいる方でが、その親戚の方と一緒に来られるかも知れません。
でも、多分治療は必要ないでしょう。
2018/07/10

膝から下の後ろが痛い(アキレス腱の痛み)



写真① 赤の点線で示したところが痛い




イラスト① アキレス腱が吊れるメカニズム




特別に何かをしたわけではないが、下腿後側が痛いという方が来られました。
そこは、経絡で言うと膀胱経です。
ですから、膀胱経の原穴(京骨)や絡穴(飛陽)、腰痛のツボと知られる崑崙などでも軽くなります。

ただし、軽くなると言うだけで、治るとは言いません。

それは何故かと言うと、下腿後部が吊るということは、アキレス腱の過緊張が伴っています。
アキレス腱に過緊張が起こると、イラスト①のように、アキレス腱は上に引かれるます。
その結果、踵骨が後ろに引かされます。

踵骨が後ろに引かされるということは、距腿下関節に「ズレ」のような圧力がかかります。
同時に、横足根関節にも異変が起こります。
これらは、足関節の治療をするときにも使いますが、アキレス腱の痛みを治すときにも考えなければならないことなのです。

ですから、この方のような症状を訴えられたら、足関節まで調整する必要があるわけです。
この方の場合は、とりあえず、アキレス腱を指で挟み、下部に牽引してアキレス腱を軽く伸ばしました。

軽く引っ張っただけですが、それだけでも、
「痛い、いたい、おー、痛い!」と言うので、途中で止めました。
理由は、「痛い、痛い!」と言う時は、筋肉の緊張が強くなるからです。
ただ、その方の「痛い、痛い!」という声で、いかに緊張が強かったかがわかります。

ですから、とりあえず膀胱経の過緊張を取るために、京骨にお灸を2壮ずつしてもらい、それから、頭蓋JAAの下腿区と陰査穴などで痛みと経絡を整えました。

そして、
「はい。アキレス腱のところを調べてみてくれませんか」と言うと、起き上がってアキレス腱を触っていましたが、ニヤッと笑って、

「痛くないです」と言っておりました。

この方の場合は、膀胱経の過緊張なので、背部も過緊張していると考えたほうがいいので、背部兪穴に刺鍼してもいいのですが、頭蓋JAAや京骨へのお灸(膀胱経の治療)もしたので、それで大丈夫と考え、治療は終了しました。
2018/07/09

小指の爪を挟んで、うっ血していて痛い!!




膿を抜いた後の写真です



この方は重機も運転したりする方で、多分何かに小指を挟んでしまったと思います。
この写真は、膿を出してからの写真ですので、あまり痛そうではないのですが、膿を抜く前は、そっと触っても痛そうでした。

彼は、「痛いので、この痛みだけでもなんとかしてほしい」と言います。
見ると、膿が溜まっていたので、「膿を抜けば楽になるな」と思い、爪の根本の膿を抜くことにしました。
しかし、そのまま刺鍼すると痛そうなので、とりあえず頭蓋JAAでの「鎮痛穴」に刺鍼してから、

「爪の痛みを確認してくれませんか」と言うと、同じ手の親指で小指の爪の根本を押えて、

「痛みがちょっと楽ですね」と言う。

そこで、頭蓋JAAでの「上肢区」や、経絡を整えるための鍼をしたまま、小指の爪の根本のうっ血を起こしている部位に穿刺をして、優しく、絞るように膿を出した。

そして、経絡治療のための置鍼が済んでから、鍼を抜き、

「小指の痛みを確認してくれませんか」と言うと、またも親指で小指を押えながら、

「あ、全然痛くないです。痛くないです。すごいですね!」と言う。

この方は、爪のうっ血が主訴ではなかったので、それから他の治療をしたのですが、予想外に簡単に治ったので安心しました。
しかし、写真で見てもわかるように、爪の根本がつぶれたようになっていますので、間違いなく爪ははがれると思います。

もちろん、その方にも、

「多分、この爪ははがれますよ」と言いました。すると、彼の返事は、

「うん」と言うだけでした。

その返事の仕方からすると、初めてではないような気がした。
普通なら、

「ええ? はがれるんですか? どうしたらいいですか?」というような返事が返ってくるからです。

治療師の先生方は、この記事を読んで、
「こんなくだらないことを書くなんて」と思った人もいると思いますし、私もそう思います。
しかし、先日の大雨による被害の片付けで、そういうようなうっ血をする人も増えると思いますので、少しでも役に立てたらいいのに、と考えながら記事を書いているわけです。

うっ血で膿が溜まっている場合は、縫い針でいいですから、針先をコンロなどで焼いて消毒をして、その針で「穿刺」をして膿を抜くといいです。
広い範囲のうっ血なら、 ショウガシップ で血液循環を良くしてください。
膿を持ったうっ血でも、広い範囲のうっ血でも、とにかく血液が滞らないおうにしてあげると、痛みは軽くなりますし、早く治せます。
2018/07/08

指を曲げると指の関節が痛い!




このように手を握ると痛かった



「指を握ったときに、両手の第2~4指の関節が痛い!」という方がいました。
第一関節をDIP関節と言い、第二関節をPIP関節と言いますが、示指から小指までのDIP関節とPIP関節が痛いというわけです。

指の関節が痛くなるのに広く知られたのが、第一関節が腫れて痛む「へバーデン結節」ですが、この場合は腫れも伴うので、すぐにわかります。
そして、第二関節の痛むのを「ブシャール結節」と言いますが、いずれも現代医学では「原因不明」となっているようです。

しかし、七星論で観ていきますと、DIP関節は「脾」と、PIP関節は「肝」と関係があります。
「関係があります」というだけでは、納得できないと思いますので、その治療法を書いておきます。

へバーデン結節(DIP関節)の場合は、七星論での脾査穴に刺鍼して、軽く捻鍼をすれば、その場で痛みは取れてきます。
ブシャール結節(PIP関節)の場合は、七星論での肝査穴に刺鍼して、軽く捻鍼すれば、その場で痛みは取れてきます。

つべこべ言わずにやってみてください。(^_^;)

何故かと言うと、七星論での関節配置では、DIPが「脾」PIPが「肝」になるからです。
「なるからです」と言われると、「何故ですか?」と言う人がいますので、その方々のための「検証方法」として、上記したように七星論での「査穴」を使って、「実際に効くかどうか」を試すわけです。

七星論は現在、鍼灸学校の教員にも知っている先生が増えてきましたので、もし鍼灸学生なら、学校の先生に質問してみてください。
「DIPは脾と、PIPは肝と関係があります」と回答してくれるなら、その先生は七星論を知っています。

さて、それではDIP関節もPIPも痛いという場合は、どの臓腑と関係しているかということになりますが、東洋医学には、「腎は骨髄を主る」というのがありまして、関節の異変は、基本的に「腎」と考えます。
ですから、両方の関節が痛いという場合は、基本的に「腎」と考えますが、正確には、「腎と脾」、「腎と肝」と考えたほうがいいです。

関節が「腎」というのは、東洋医学だけではありません。
現代医学にも、「全身性疾患に伴う腎障害」というのがあり、その中の「ルーブス腎炎」とか「紫斑病性腎炎」にも、「関節痛を伴う」という症状解説があります。
それは、腎臓が「血液浄化」の作用があるからで、血液が汚れると関節にも障害が出るということを意味していると思います。

それで、上記の患者さんの治療は、痛みを取るために、最初に頭蓋JAA(頭皮鍼)をしました。
そして、
「指の痛みを確認してくれませんか」と言うと、指を曲げ伸ばししながら、笑みを浮かべて、

「軽いですね!」と言うので、そこで解説を加えました。

「頭に鍼をしたのは、痛みを軽くするためですので、今から腎の治療をしますね。その指の関節がおかしくなったのは、基本的に腎の疲労ですからね」と言うと、

「腎臓がおかしくなるのは、砂糖ですか?」ときた。

「一番はそう考えたほうがいいです」と言うと、次々と食べ物に関する質問が出てきましたが、この方は、食事のことをよく知っているので、私の返事は「はい」とか「いいえ」だけで終りました。

それから、主に腎を中心に治療をしたのですが、頭皮鍼で殆ど症状は取れていましたので、その後の治療は「根本治療」だけでになり、再度指関節の痛みを確認してもらったら、ほとんど問題ないようでしたので、「これで問題ないだろう」と、治療は終了しました。