2017/08/01

夏に多い背中の痛みを治すには

   背部への七星配置
     七星論での背部への七星配置


「左の背中が痛いんです」と言う方がいました。(上図の「脾」の辺り)
脈診をすると、「脾虚」があった。
脾虚が出るときは、多くが他の臓器も弱化しています。
東洋医学で言う「脾」とは、膵臓を含む脾臓のことですが、胃も含めることがあります。
つまり、「脾虚」が出る時は「食欲不振」の場合も多いのです。

夏になると食欲がなくなる人も多いのですが、「食欲がない」もう一つの原因は、「呑み込むような食べ物を食べる」からです。

夏に元気な人を見ていると、「熱い物を食べる人」が多いようです。
中には、夏なのに「鍋物」を食べている人もいました。
それには驚いたのですが、その人はメチャクチャ元気が良かったのです。
逆に夏に元気のない人は、冷たい物を好んで食べる人が多いものです。

食べるのは個人の好みなのですが、治療に来た方には、温かいものを食べるように言います。
これは、マクロビオティックの考え方から出てきたものです。
暑い気候は陽性で、熱い食物も陽性ですので、熱い食べ物を食べると、体は熱くなって新陳代謝が挙がります。

しかし、暑い(熱い)外気に晒されながら、冷たい物を食べると、外気と体の間に温度差が出ます。
冷たい物は新陳代謝を落すので、臓腑の代謝も落ちます。
臓腑の代謝が落ちると、筋肉の力も落ちてしまいます。
ですから、歩くのも億劫になってきます。
億劫だから歩かない、歩かないからさらに代謝が落ちるという悪循環を繰り返します。

本来なら、このような症状の治療法は、今話した食べ物を考えるのが根本的な治療になるのですが、食べ物のことはなかなか聞いてもらえない場合が多いものです。
しかし、「食べて生きている」のですから、体に悪い食べ物を食べ続けると身体は壊れてきます。

中医学では(私は中学の専門ではありませんが)、病の原因を大きいく四つに分けています。
① 陰陽失調
② 邪正盛衰
③ 気血失調
④ 臓腑経絡の失調

陰陽失調とは、体の正常な陰陽は均衡しながらバランスを保っていますが、何らかの原因で陰陽の均衡が崩れると、それが原因となって発症するわけです。
この場合の治療は、体の陰陽のバランスを均衡させる治療法を選びます。
上の食物でバランスを取る方法もそれに当ります。

邪正盛衰とは、病因となる「邪氣」と体を守る「正氣」のバランスで、邪が正より強くなった状態で、実証(精気が強すぎる状態と考えてください)と虚症(精気が弱い状態と考えてください)の二つに分けて考えます。
この場合の治療は、鍼灸や漢方を使うほうが賢明で、具体的には、「実」なら「寫法」の鍼灸か漢方の「寫薬」を使い、「虚」なら「補法」の鍼灸や、漢方の「補薬」を使います。

気血失調とは、氣(血液から作られると考えられています)と血の密接な関係が乱れて、氣が血に、あいは血が氣に影響を与えて発症する状態を言います。
この場合の治療は、氣や血の巡りを良くする鍼灸法や漢方で「疎通薬」や「補充薬」を使います。

臓腑経絡の失調とは、中医学では「体は氣で構成されている」と考えていて、経絡とは氣・血の運行経路と考えられているので、その機能が失調すると氣血の流れが滞って発症すると考えています。
この場合の治療は、滞った経絡の流れを良くするための鍼灸や、五臓六腑の機能を整える漢方薬を使います。

さてでは、この方の治療をするには、どのような治療がいいのでしょうか。
まず、陰陽失調が考えられますので、食事に気を付けてもらいます。
次に、「脾虚」が出ていますので、簡単に考えると「脾を補す」のですが、七星論で考えると、この場合の虚は「肝実(肝氣が旺盛)」が原因なのか、「肝虚(肝氣が虚衰)」が原因なのかで治療法が変わってきます。

この方の場合は、足の肝経にも軽い痛みが出ていましたし、脈で診ても肝虚が診られてので、「肝を補す」治療をしました。
それで、その場では治まったのですが、その後はその人の養生に関わってきます。
つまり、食事に気を付けることができるかどうか、です。
無責任なような言い方に聞こえるかも知れないのですが、そのほうが早く、安く、確実に治せるのです。(^_^;)




このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。


関連記事
スポンサーサイト