2017/07/27

腰痛を胃経で軽くする方法とは。 臨床実践塾での実技解説

胃経で調整
ズボンを引きずり降ろしているわけではありませんよ。(^_^;)


先日の臨床実践塾では、ほんとにいろいろなことをやりましたので、受講者の方々は、多分こんがらがったのではないでしょうか。
ですから、説明不足と思われた部分をちょっと説明させて頂きます。
そして、FAT(エネルギー療法)の訓練もやるつもりでしたが、それもできませんでした。

先日のセミナーでは、「胃経で腰痛を治す」という実技をお見せしましたが、急いで説明したので、わかり難かったと思います。

少し付け加えたいので、ここで書かせて頂きます。
軽い腰痛がある時に、大腿部の胃経に凝りのある人がいます。
そんな時には、その凝りを解せば腰痛は軽くなります。
やり方は、上の写真のように親指で解すだけです。
構造や治療部位に関しては、下のイラストを参考にしてください。

大腿直筋
図で示した大腿直筋の外側を解す

これは、大腿直筋の起始が下前腸骨棘、則ち寛骨臼上縁に付着するからです。
つまり、骨盤が前に引っ張られた状態になると、腰に負担が掛かり、腰痛が出てくるわけです。
ですから、その負担を和らげてあげれば、腰痛が軽くなるのです。
腰痛はないと思っている方でも、試しにその部を解してみてください。
腰が軽くなっているのがわかるはずです。

胃経が緊張していると、常に骨盤が前に引っ張られた状態ですので、常に腰も緊張していることになり、腰にも負担がかかっていることがわかります。
ですから、胃の弱い人は、腰も弱くなり、腰椎後弯にもなりやすいのです。

骨盤が前に引っ張られているのに、何故「腰椎後弯」かと言うと、骨盤が前に引っ張られ過ぎると、腰椎を支える筋肉が疲労を起こして、骨盤と一緒に前に曲がってしまうからです。(腰椎が前に曲がったのが腰椎後弯)
ヒトは、疲労が起こると、上肢は回内し(内側に捻れる)、腰部は丸くなります。
つまり、胎児のスタイルになってくるわけです。

胎児の場合は、羊水というクッションの中に居て、浮いた状態ですので、重力には強く左右されませんが、生まれてきて、立って歩くようになると、重力に左右されます。
そして、骨盤が前に引っ張られると、それに抵抗するように、自然に、腰を伸ばそうとしますので、腰に負担がかかってくるわけです。

しかし、この治療法では、根本的な原因は追究していませんので、どちらかというと家庭療法に入れたいと考えています。
ただ、家庭療法であっても、即座に対応するには便利な方法ですので、試してみてください。
また、胃経をきっちり解しておけば、それなりに腰痛も楽になりますので、プロの方々も試してみる価値はあります。

上の写真の方は、空手道場もやっていて、空手も教えていますので、それが原因かどうかはわかりませんが、右の大腿胃経に凝りがあり、私が押したら、ちょっと太ももを後に引きました。
多分、空手の練習で右足に力を入れるのが多いかと思います。




このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。


関連記事
スポンサーサイト