2017/07/19

手首を掌屈すると手関節が痛い。コラボ鍼で治します (7/23臨床実践塾予告)

手首・1
こうして手の甲を床に着けると手首が痛い

元々奥さんの付添いで来られていたのですが、腰が痛くなったか何かで、定期的に来られるようになった方です。
先日来られたときに、「ちょっと腰が痛い」という程度だったと思います。
腰痛は「一穴整体鍼」で簡単に治まったので、それでは申し訳ないと考え、

「どっか痛いとか、痒いとかはないのですか?」と質問しましたら、

手の甲を床に付けて掌屈し、
「こうすると手首が痛いですよ」と答えてくれた。

「そうですか。手の甲を床に着けたら痛いんですね」

「はい。左も右も痛いのですが、左の方が強いですね」

「そうですか。わかりました。写真撮らせてもらっていいですか。ブログのネタにしますので…」と撮影の許可をもらった。
その時の私の顔は、多分楽しそうな顔をしていたと思う。
何故なら、その患者さんは、私の顔を見て笑っていたからです。(笑)

それからコラボ鍼をしたのですが、皮一枚に鍼を刺すので、この方は鍼に目を近づけて、
「こんなもんで治るんですか?」と質問してきました。

手首・2
これだけでは治りませんので勘違いしないでください

「これがおもしろいように治るんですよ。ま、見ててください」と言いながら、患者さんの右腕を動かして治療を進めた。
「進めた」と言っても、多分1分ほど。
そして、鍼を抜いて、

「はいッ! さっきのように手首を曲げてみてください。もう痛みはないと思いますよ」

「え、これでいいんですか?」と言いながら、手の甲をベッドに押しつけて、

「を、を?、、、 痛くない。治りましたね」と笑っていました。

ここで、ちょっと説明しておかなければならないのですが、この治療の前に、腰痛の治療もしています。
殆どの治療院には、毎日のように(主訴ではなくても)腰痛の患者さんが来ると思います。

その時、私は「筋骨が原因なのか」「臓腑から筋骨が歪められたのか」を考えます。
つまり、仕事やスポーツなど、体を使い過ぎることをして腰痛が出たのか、偏食などが原因で臓腑に歪みが出たのかを考えるわけです。

そして、骨格の歪みなどを検査します。
前後屈、側屈、捻転などをさせてみるのですが、最近、若い人でも捻転がうまくできない人がいます。

捻り
若い人でも、身体が固すぎるので「プッ!」と噴き出してしまう場合もあります

これは、脊柱起立筋が硬くなっていると考えて下さい。
上体の捻転に関しては、脊柱起立筋以外にも、広背筋や腰方形筋など、関わる筋肉は多いのですが、そこまでやると切がないので、とりあえずここでは脊柱起立筋に焦点を当てて考えます。

脊柱起立筋
脊柱起立筋は、最長筋・腸肋筋・棘筋の三つの筋肉の総称です
出典:http://therapistcircle.jp/sekicyukiritukin/ 

身体の中心にある脊柱起立筋などを、「捻転に関する筋肉」と考え、それらを整えると、四肢の筋肉まで整いますので、最初に整えるほうがいいようです。
そこを整えてから、手首の痛みを治療するわけです。
つまり、脊柱を整えてから「コラボ鍼」をするわけです。

1分ぐらいで治って、おもしろく感じる治療法なので、患者さんと一緒に笑いながらできるテクニックです。
今度の臨床実践塾 では、その基礎をやります。




このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。


関連記事
スポンサーサイト