2017/07/16

前胸部に電気が走るようにピリピリとした痛みがある。(7/23臨床実践塾予告)


沙織1
ここら辺がピリピリして痛いのです


タイトルのような症状に合わせて、

・上を向いて顎を挙げると前胸部から首筋が張る
・息がしにくい
・上半身の汗が滝のように流れる
・右肩の筋が痛い
・右腕が挙げにくい・
・左股関節周囲が冷たくてダルイ

と訴える方が来られました。

このような症状を聞くと、「心臓と肺(大腸)と肝臓に問題がありそうだ」と考えてしまいます。
しかし、最近開発した「一穴整体鍼」を使うと、一挙に整えられると考えたので、とりあえず、一穴整体鍼をしてみました。

すると、頭を後に倒し、顎を持ち上げて、
「あ、胸の引っ張っているのがなくなりました。楽です」と言いながら、右手を水平から後ろに倒すようにして、
「あ、はい。これも良くなっています」と言う。

沙織2
「あ、はい。これも良くなっています」


これでやるのがなくなったような気がした。(笑)
しかし、股関節の問題が残っていましたので、仙腸関節を整えるようにコラボ鍼をしました。
コラボ鍼は、承山辺りに皮鍼をして、それから仙腸関節をゆらゆらと動かしたのですが、これでちょっとは治まりました。
しかし、まだすっきりしてないようです。

沙織3
このように皮だけに引っ掛ける鍼です


沙織4
仙腸関節の簡単な調整法です


そこで今度は仕方がないので、「骨格矯正鍼」を使う事にして、骨格矯正鍼をしました。
※ほんとは、出来れば、骨格矯正鍼は使わずに、一穴整体鍼とコラボ鍼だけで治めたかったのですが、
「出産してからずっとそこが痛いです」ということでしたので、「奥の手」として骨格矯正鍼を使ったわけです。
そして、骨格矯正鍼を使ったら、股関節の問題も解消されたので、治療を終了しました。

この「骨格矯正鍼」も、「一穴整体鍼」も、たった一つのツボに、1本の鍼を刺す方法で、治療時間も1~2分です。
自分で言うと手前味噌になってしまいますが、ほんとにすごい方法を見つけたものだと考えています。

そして、その次に出てきたのが「コラボ鍼」で、これも面白い。
何が面白いかと言うと、一穴整体鍼で取れなかった異変を、部分的に調整することができるのです。
しかも、皮に引っ掛けるだけの鍼ですので、痛みもありません。

七星論は、2010年に 『人体惑星試論奥義書』 を出版してからも、どんどん進化を続けてきましたが、七星鍼法(七星論による治療法)の体系化がまとまってきたような気がします。
これらを整理することで、3ヶ月もあれば鍼灸治療を教える事ができそうです。
「3ヶ月」と言うと、
「あいつはアホなことを言っている」と思う人もいるかも知れませんが、私の座右の銘は、「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」です。(^_^;)

つまり、努力は惜しみませんし、勝算のない戦はしないようにしているのです。
ですから、今まで教えてきた経験からしても、「3ヶ月もあれば、一人で臨床現場に立てるような診断と鍼灸治療は教えられる」と考えていて、ぼちぼちその準備に入っています。

※ 鍼灸学校や大学は、鍼灸師の資格を取るための教育を主にしていますので、学校を卒業しても臨床現場で治療のできない人は多いものです。



このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。


関連記事
スポンサーサイト