2017/07/01

「肩に誰かが乗っているようです」 一穴整体鍼の効果はすごい!!!

野田
写真を撮るときに緊張したようで、笑顔が消えてしまいました。(笑)


昨日、タイトルのようなことを訴えて来た方がいました。
よっぽど辛かったので、「誰かが乗っているような」という表現になったと思います。
勿論、誰も乗っていません。(笑)

診ると、上部胸椎で軽い歪みがあったので、「あ、エネルギー療法で簡単に治るな」と思い、エネルギー療法で調整したのですが、あまり変化がない様子でした。
意地になってもう一度やってみたのですが、やはり、あまり好転しない。
「誰かが乗っているような」という表現からして、肩にかなりの圧がかかっていることがわかる。

そこで一穴整体鍼をすることにして、両手を前で合わせて、左右に捻じって、捻れる角度を確認してもらいました。
次に片手ずつ、手の甲を天井に向けて上に挙げてもらいましたら、左腕は上腕が耳に着くのですが、右腕は挙げるだけでも辛そうで、耳から20㎝ぐらい離れていました。

「よっしゃ―!」ということで、一穴整体鍼を右にするか左にするかを決めて、

「ここに1本鍼をしますねー。これで治りますから」と言ったのですが、反応はありませんし、何の返事もありませんでした。
多分、「なんでそこに鍼をして肩の痛みが取れるのよ」と考えていたと思います。

で、鍼をしてから、右腕を挙げてもらったら、スッと挙がるので、目をぱちぱちさせながら肩を上下に上げ下げして、
「取れました。なんで?」と言います。

「はい。これは新しい鍼の方法で、考え出してからまだ間がないテクニックです。よく効くでしょう?」と言うと、
「ええ。不思議…」と再び腕を上げ下げしていました。

そして、治療が済んで、待合のところで私が、彼女のお母さんと話をしていましたら、
「お母さん、凄いのよ。肩に鍼はしてないのに、肩が全然痛くなくなったのよ」と、お母さんにも腕の上げ下げを見せていました。

なので、「あ、写真を撮っておけば良かったですね」と言うと、

「あ、撮ってください」と言う。

「そう。それならブログのネタに使わせてもらってもいいですか」と聞くと、

「どうぞどうぞ、いつ載せるんですか。見たい見たい」と言うので、写真を撮らせてもらった。
それが上の写真です。

うちのお客さんは、(顔出しで)ブログに載せることを喜んでくれる人が多いので、助かります。

一穴整体鍼は、これから臨床を積み重ねていく鍼ですが、既に何人かの方々から臨床報告があり、一般公開すると、もの凄いスピードで拡散されると考えられます。
その理由、今の流行りとして、「診断はできなくても症状を改善させることができる」という治療法がもてはやされるからです。

ビデオ編集する時間がないので、私がビデオを編集するのはかなり難しい。
ですから、「一穴整体鍼の講習分」(6月25日の講習分)だけでも、誰かに頼んで編集してもらおうかと考えています。


このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。


関連記事
スポンサーサイト