FC2ブログ
2018/01/31

脊柱管狭窄症の治療


脊柱管狭窄症 



臨床実践塾で力を入れたのが「脊柱管狭窄症の治療法」でした。
何故かというと、一つには、高齢化社会が進むにつれて、脊柱管狭窄症の患者さんが増えることは目に見えているからです。

そして二つ目には、脊柱管狭窄症の患者さんを狙った治療院が増えて来たからです。
たとえば、脊柱管狭窄症と言ってもピンキリで、ちょっと脊柱管が細くなっただけで「脊柱管狭窄症」という病名を付けられた患者さんもいます。

その病名で治療院へ行けば、当然治療をするわけですが、それで軽くなったら、「治った治った」と、ホームページに掲載する治療院もあるわけで、そういうのも「治った」と言っていいのかどうかと考えさせられてしまいます。

「軽くなった」と「治った」と言うのは全く違います。
軽くなるぐらいなら、軽いマッサージでもいいわけです。

脊柱管狭窄症というのは、脊柱管が狭くなり、脊髄が圧迫されて、腰の痛みや足の痺れなどの症状を起こす症状のもので、当院へ来られた方は「10mぐらいしか歩けない」という方もいましたが、私のところでは、自由に歩けるようになった時点で「治った」と診るのですが、それでも完治ではありません。

それは、加齢により骨や靭帯などが歪んで、解剖学的にも異常が発生した状態だからです。
年齢的には、50代以降の人に多くみられ、最初は「長時間歩くと痛みや痺れがひどくなる」と言いますが、しばらく休むとまた歩けるようになるので(間欠跛行と言います)、そのうち治るだろうと、悪化を辿ってしまうようです。

つまり、50第以降に起りやすいという事は、一種の老化現象でもあるわけです(退行性変性と言います)。
もっと具体的に言いますと、脊柱管の後方に黄色靭帯というのがあり、その黄色靭帯は老化やホルモンのバランスの崩れが原因でもろくなり、肥厚して(腫れて)くるわけです。

脊柱管の後ろにある黄色靭帯が肥厚してくると、椎間関節の骨に負担がかかり、前後に膨れてきて変形するわけです。
ただ、これらの変形の程度には個人差があり、遺伝的な要素も関係してくると言われています。

たとえば、脊柱管狭窄症の患者さんを観ていますと、甘い物の摂り過ぎが目立ちます。
糖質と言うと、最近の流行りで、すぐに「お米」を挙げる人がいますが、あれは多糖類なので、そんなに害はありません。
体に害を与えるのは、単糖類や二糖類です。

=====================================
単糖類 :それ以上加水分解できない糖の最小単位としての糖。
ブドウ糖や果糖はこの単糖類になり果物などに含まれる。

二糖類 :加水分解すると単糖類を2分子生じる糖類。
麦芽糖やショ糖や乳糖が二糖類と言われます。
また、加水分解により1分子から単糖を2から10分子程度を生じる糖類を少糖類(オリゴ糖)といい、二糖類も少糖類に含みます。

多糖類:加水分解すると単糖類を多数生じる糖。
デンプンや植物の細胞壁を構成するセルロース、グリコーゲンなど。
=====================================

ただ、そこまで言うと患者さんが来なくなると思い、黙っている治療師もいると思いますが(知らないかも知れません)、言うだけは言っていたほうがいいと思います。
理由は、それが患者さんのためになるからです。
治療院の利益より先に、患者さんの利益を考えてあげたほうが、長期的には自分のためになると思うのです。

さて、脊柱管狭窄症の治療ですが、臨床実践塾では、当院での治療例を示しながら、ポイントとなる筋肉や腱や骨格の整え方を、手技療法や鍼灸治療法で解説しました。
ポイントは腰部や臀部の筋腱調整ですが、手技療法と鍼の使い方です。



このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。


関連記事