FC2ブログ
2018/01/12

声がれと心臓の関係。「小さな咳だから」と、咳をあなどるなかれ!


この季節の咳には注意が必要です



昨日来られた患者さんで、スタッフが問診をしていました。
「声が嗄れています」と話しているのがブースの外からも聞こえ、小さい咳も出ていました。

小さな咳は、病院の検査では問題はないと判断されるようですが、鍼灸治療では小さな変化でも原因を追究して症状に対する治療を施します。

ブースの外から、小さな咳を聞いていたので、ブースに入って行って、咳に関する説明をしました。
と言うのは、この方は「大動脈解離」と「腎臓に影」がある方だからです。
医師は手術を勧めていたようですが、なんだかんだ言いながら当院で治療を続けて、半年ぐらいで、いろいろな症状が消え、病院でも手術を勧めなくなった方だからです。

さて、咳について話を戻しますと、咳は「肺や気管支」だけの問題ではないのです。
特に、寒い季節に出る咳は、心臓に関わっていることも多いからです。
それは、肺と心臓が隣接しているからで、心臓の異変は、すぐに肺にも異変を起こさせるからです。

たとえばこうです。
仮に心臓が腫れたり、心臓の活発な動きをしたり(動悸など)したら、隣接している肺を刺激します。
肺は、刺激されたために起った「異常事態」を回避しようと、「咳」という活動を起こします。

そして、心臓の治療をせずにそのまま放置していると、息が苦しくて、階段を上ることもできなくなります。
心臓の活動が低下して、血液循環が上手くいかず、足の筋肉にも疲労物質が溜まり、足が上がらなくなるからです。

このように、生活に支障が出たなら一度、病院へ行くべきです。
もし、病院で「問題ありません」と言われたなら、鍼灸治療の出来る治療院へ行くべきです。
なぜ鍼灸院かと言いますと、(多くの)鍼灸では、脈診をして臓腑の違和を知ることができるからです。

この「声が嗄れる」と訴えた方も、脈診をしたら「心包の脈が虚」していました。
(脈を診る前からわかっていたのですが)

そこで、
「心包、つまり心筋がかなり疲れているようで、その影響が肺に出て、咳として現れているようですよ」と言うと、

胸を触りながら、
「あ、やっぱりそうですか。いや胸もおかしかったので、動脈の問題かと考えていました」と話していました。

それで、肝と心包を整える治療をしたのですが、治療が済んだ頃には咳も止まっていました。
そしてご本人は、「咳、止まっていますね。良かったー」と喜んでいました。

この方には聞かなかったのですが、この方の場合は、「咳よりも胸の違和感」が気になっていたはずです。
大動脈解離は、死と直結することを知っているからです。

空気が冷たくなるこの季節には、冷たい空気を吸い込むために咳も出やすいのですが、暖かいところに入っても咳が止まらないようなら気をつけた方がいいです。
「軽い咳だから」とあなどらないほうが賢明です。



このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。


関連記事