FC2ブログ
2017/11/25

耳鳴りの治し方 (11/26臨床実践塾)


耳周囲のツボ



董氏の鍼



このところパソコンが壊れて、まるまる2日間仕事にならなかったので、ブログの更新もできなかったのですが、パソコンの神様にたいな方に直して頂き、やっと講習資料も作ることができましたので、久しぶりにブログを更新することができました。


感覚器疾患の治療は比較的難しいのですが、耳鳴りは割と治りがいいように思います。
理由はわかりませんでしたが、台湾の董氏の鍼をよく読んでみますと、足の肝経に鍼をしていました。
それは、「耳鳴りが肝と関係している」ということになるはずです。

そこで振り返って考えてみますと、耳鳴りの患者さんには、ほとんど巨鍼で肝の治療をしていました。
鍼灸学では、「腎は耳に開竅する」となっているので、腎の関係だと考えていましたが、それは早合点だったようです。

「腎は骨髄を主る」と言いますので、耳小骨の問題なら腎の治療でいいかも知れませんが、耳小骨を支えている一番小さな筋肉は肝の関係になるはずなので、やはり肝の治療も必要なようです。
となると耳鳴りは耳周囲だけの鍼ではなく、肝の治療も必要ということになり、董氏の鍼で足の肝経を使うのもわかる気がします。

ただ、董氏の鍼では、足裏からズバンと刺しますので、私には自信がありません。
自分が嫌なことは他人にもしたくないからです。
そこで、痛みの少ない足の甲からの刺鍼を試してみましたら、上手くいきました。
でも、それだけでは心配なので、巨鍼もしました。



このブログや当院へのお問合せやご質問は、下記のフォームからお願い致します。
この問合せやご質問でのお客様情報は、他への流用は一切ありませんのでご安心ください。


関連記事