2018/07/16

腰の痛みが激しくて歩くのも大変です(巨鍼療法とスクレラ)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



側頭部に刺鍼下のは、腎を狙った鍼です 




虹彩下部から上に伸びた血管が途中で細くなっています 



7月7日に来院した患者さんですが、カルテには以下のように書かれています。
7/3にぎっくり腰のようになり、右腰の痛みがきついが、シビレは出ていない。L4,5辺り辺りの高さが一番痛い。肩もパンパンに張っている。

その前に来たのが、去年の9月ですので、約1年ぶりの来院です。
この方は、鍼にも慣れていますし、いつも1~2回の治療で治るので、今回も、そんなものだろうと考えていました。
しかし、その方が強く訴えていたのは、
「近くの治療院で治療を受けたときに、腰を捻じられ、家に帰ってからだんだん痛みがきつくなってきて、仕事にも行けなくなった」ということでした。

たま~~に、この方と同じようなことを訴えて来る方がいますが、そんな場合は、そこの治療院に悪いので、その話には乗りません。
しかし、貴重な情報ですので、それを考慮しながら治療をします。

ただ、この方の場合は、前にスクレラを撮影したとき、腎の角度に異変があるのを覚えていましたので、そのスクレラを思い出しながら治療を行いました。
頭皮鍼の側頭部に刺鍼したのがそれに当たります。
その他に、経絡治療、巨鍼療法も行いましたが、治療の途中で、
「あ、あ、だいぶいいです」と言い、ベッドから降りて立ってもらっても、確かにいいように思えました。
その日は80%ほどしか治まらなかったのですが、やりすぎて、後で他のところに痛みが出ても困ると思い、それで治療は終了しました。

すると、その翌々日、私の携帯に「やっぱりまだ痛いので治療をお願いできませんか」と、メールが入りました。
さてしかし、その日は月曜日で、当院は休診日でしたので、
「すみませんが、休診日の治療は割増になるのですが、よろしいでしょうか」と承諾を得て、治療をすることになりました。

先日よりは良くなっているようでしたが、その日でなんとか治めたいと思い、座位での巨鍼療法をしました。
座位での巨鍼療法というのは、ベッドに座ったまま背中に巨鍼を通す方法です。
これは、ヘルニアなどの場合に使う方法ですが、腰を伸ばした状態で巨鍼をしますので、腰の筋肉がかなり緩みます。
筋肉が緩むと、椎骨間の隙間が開きますので、圧迫されている神経が解放されて痛みが治まるわけです。

次いでに話ますと、もう一つ強烈な筋腱弛緩法として使うのに、正座で刺鍼する方法もあります。
正座をした状態のまま、前の方に両手をついてもらい、そのままの恰好で巨鍼をするわけで、これはほんとにバツグンの効果があり、その治療を受けた人は、足がほとんど挙がらない人でも、その場で足が挙がるようになります。

その日の治療も、巨鍼以外は、前回と大差のない治療法をしました。
そして、次に来られたのは13日で、「ほぼ大丈夫」と思えたのですが、

「明後日、6時間ほど講義があるのですが、大丈夫でしょうか。もし、ダメなら他の方に代わってもらうこともできるのですが……」と言うので、

「用心のために、他の方に代わってもらったほうがいいと思いますよ」と話しておきました。
まじめーな方ですので、無理をするとイケナイと思ったからです。

この方の虹彩は、ちょっと特徴のある虹彩で、下から上に伸びた血管が途中で細くなっています。
その細くなったところは、「回復の兆し」と観ますが、まだ奥に潜んでいるのがあったようですので、今度来られた時に撮影して見るつもりです。
2018/07/15

正座をすると、右の外果(腓骨)が痛い! (7/22・臨床実践塾の準備)



腸骨筋をほぐしているところです



腸骨筋の位置



治療後は楽に正座ができるようになりました



7月22日の臨床実践塾は、虹彩やスクレラ分析の解説と実技を行いますが、この臨床にように、診断が付きにくい場合は、虹彩やスクレラを分析すると治療がスムーズにいきます。
腸の変化は目に現れやすいからです。

この患者さんの場合は、「正座をしようとすると、右の腓骨が痛くてちゃんと座れない」と言っておりました。

このような場合は、脛腓関節(脛骨と腓骨の上部の関節)か、距腿関節(脛骨、腓骨、距骨からなる関節)の歪みが原因になっている場合が多いものです。
しかし、この方の場合は、脛腓関節や距腿関節を整えても、完全には治りませんでした。
ということは、他の筋肉や関節も関係しているわけです。

そこで、腸骨筋を探ってみますと、軽い痛みがありましたので、そこからの引き攣りが関係していると考えることができますので、スタッフに腸骨筋を手で解してもらいました。
そして座ってもらったら、
「あ、あ、痛くないです。座れます。え、ええ、偉丈夫です」と言ってくれました。

腸骨筋と大腰筋を合わせて「腸腰筋」と言うのですが、腸腰筋に異常が出る場合は、大腿内側にも異変が出ていますので、そこを整える鍼をして治療を終了しました。
経絡でいうと「腎経・肝経・大腸経」がメインになります。

今度の臨床実践塾では、参加者に希望者がいれば、その方の虹彩やスクレラを撮影して、具体的にどの部位に異変が出るのかを実技で解説していきます。
多分、腸骨に異変の出ている人もいます。
楽しみですね~~~! (^_^;)
2018/07/15

左足を挙げると、太ももの前が痛い!




左足を挙げると、手で触っているところが痛い 




痛むのは大腿四頭筋です 




右側の腸骨を調整したら、スッと挙がるようになりました 



写真① 足を挙げると手で触っているところが痛いと言います。
写真② 大腿四頭筋の痛みです。
写真③ 右側の腸骨を調整して治します。

この症状の治療は、どこに負荷がかかって痛みが出ているかを考えます。
すると、左の大腿直筋に負荷のかかっていることがわかります。
そうすると、次に考えるのは、何故大腿直筋に負荷がかかったかです。

大腿直筋の筋肉疲労でしょうか。
下腿の異変によるものでしょうか。
股関節の歪みによるものでしょうか。
仙腸関節の歪みによるものでしょうか。
骨盤の捻じれでしょうか。

いろいろ考えられます。
上記に書いた2つ以上の原因が絡んでいることもあります。
そんなときは、七星論での脊椎診をすれば早く解決できます。

たとえば、この方ですと、腰椎が下部で右側に歪んでいました。
ということは、右の大腿直筋も牽引されていると考えるkとができます。
つまり、痛みの出ているところは「左大腿直筋」ですが、右の大腿直筋に経筋腱収縮牽引が起こり、そのひずみが左の大腿直筋に緊張をおこさせているわけです。

それでは、右大腿直筋に経筋腱収縮牽引が起こったのは何故か?
という疑問が出てきます。

それを解決するために「脊椎診」をしたわけです。
たとえば、腰椎下部で右に曲がっているということは、腸骨が上がっているということで、以下のような矯正理論が成り立ちます。

① 腸骨が右に曲がっているのは、前にも傾いている

② 前に傾いているということは、右の腸骨が前傾している

③ 腸骨の前傾を治せば、右大腿直筋の歪みが矯正される

④ 右の大腿直筋が治まれば、左の大腿直筋も治まる

という順序で矯正して、ベッドから降りて頂いて、左足を挙げてもらいましたら、

「あれーっ! ええー! 痛くな~い! 挙がる~! ええーッ!」と驚いて、何度も足を上げ下げしていました。

動いてばかりだと写真が撮れないので、

「ゴメン! 写真を撮りたいのですが……」と、ポーズを決めてもらい写真を撮らせてもらいました。(^_^;)
2018/07/13

目を分析すれば性格も出てくる (7月22日の臨床実践塾)




スクレラとは白目のことです



私が虹彩学と出会ったのは、名古屋に「ナマの血液分析」を勉強しに行ったときでした。
その時、虹彩学の話を聞いて、勉強してみたいと考えたのですが、どこで学べばいいのか、どのようにすれば学べるのか、までは教えてもらえませんでした。

今のようにネットが盛んな時代ではなかったので、「糸口」を見つけるのにも苦労したのですが、少しずつ手掛かりを探して辿り着いたのが、バーナード・ジェンセン博士の虹彩学でした。

そのとき驚いたのは、ジェンセン博士は、「1回の虹彩分析で5万円もらっている」という話でした。
10何年も前の話ですので、本当にびっくりしました。
と同時に、「これは世界的に相当価値のあるものに違いない」と燃えてきたのです。

そして、虹彩撮影のためのカメラを買い、患者さんの目を撮影させてもらい、寝る間も惜しんで「虹彩分析」の勉強と、訓練をしました。
しかし、テキストに書かれたような結果が出てこないのです。

「おかしい。これはほんとにほんとなのか」と考えながらも2年が過ぎました。
そしてやっと気付いたのです。
「ジェンセンマップでは分析できない」と。
おそらく、私と同じように疑問を持ちながら虹彩分析を続けた人も多いと思います。

しかし、2年も打ち込んできたことなので、簡単に捨てることもできず、悩みに悩んだ挙句、「東洋医学理論を投入すれば解決できるかも知れない」と考えたのです。
そして、「三六マップ」を作り始めました。

三六マップを作って思ったのは、「分析しながら鍼灸でのツボを考えることができる」ということでした。
これは虹彩学にとっては、画期的なアイデアとなったと思います。

というのは、欧米の虹彩学を学んだ方はわかると思いますが、分析結果に対する対処法(治療法)は栄養学がほとんどなのです。
そして、サプリメントを勧められます。
しかし、栄養素を考えた食品とかサプリメントというのは、「大雑把」なので、何が、どこに効いているのかわかりません。
「これにも効くけど、これにも効く」では納得できません。

的が絞れないのは、散弾銃と一緒です。
「当たるも八卦、当たらぬも八卦」と一緒と考えたのです。
しかし、東洋医学理論を投入したマップは、経穴(ツボ)が使えます。

何百人、何千人と分析を積み重ねていると、分析することで分かったことも増えてきました。
そして、瞳孔分析や白目(スクレラ)分析もしました。
そのスクレラ分析のマップも、東洋医学理論を投入して作ったマップです。

やればやるほど面白い分析で、初診の患者さんは全て、虹彩とスクレラをカメラに収めました。
当院に来られるのは、「患者さん」です。
ですから、問診でカルテに病歴や主訴等が書き込まれています。
そのカルテと照らし合わせることで、さらに分析精度は上がってきます。

そして、虹彩には性格まで出ていることがわかりました。
 今回の臨床実践塾は、 虹彩やスクレラを「分析することでわかる性格」の解説も含めてお話させていただきます。
2018/07/12

スマホで撮影練習をしてみました (7/22の臨床実践塾準備)




こんなことをしたり 




遮光のためにこんなことをしたりしました 



スマホで撮影練習をしてみましたが、やっぱり虹彩カメラや普通のデジカメのようには上手くいかない。
私は、虹彩撮影のためにいくつものカメラを買いました。
生々しい話をすると、スリットランプは計算に入れずに、普通のカメラやビデオカメラだけ100万円以上は使っている。

今はスリットランプもコンパクトのができて、値段も安くなりましたが、私が買った頃は高かった。
さらに、今度はスマホが登場して、上手く撮影すれば、何とか分析できる程度まで撮影できるようになった。

だからスマホで撮影できるだろうと、スタッフと一緒に「スマホで撮影」の練習をしてみました。
はい!
スミマセン!
あまり上手くいきませんでした。(^o^)

時間もあまりなかったので、また明日にでもやってみようかと考えています。
明日はスマホ用のマクロレンズを買ってきてやってみようかな。