FC2ブログ
2019/06/17

足関三穴は「胃の不調」までも治します(6/30の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



右肩甲骨周り、腰全体の重さ 



足関三穴について、質問を受けました。
「どのようにして、そんな治療法を考えるのですか?」

それに対する私の答えは、
「人体惑星試論(通称・七星論)を基本にして、学んできた治療法からヒントを得る場合もあります。と言っても、学んだ治療法を使うのではありません。たとえば、筋膜リリースや操体法を応用した治療法が、手を変え品を変えして登場してきますので、常に基の治療法を考えて、七星論で解いて、七星論で組み立てているのです」と。

たとえば、この何か月の間に勉強した治療法には、以下のようなものがあります。
① 六層連動操法
② 九伝流
③ モルフォセラピー
④ ARM療法
⑤ 全骨格矯正法
⑥ FS整体

これらの共通点は、ほとんどの場合「モデルが全て若い人」なのです。
それがどうしたのかというと、若い人は簡単に変化させることが出来ますので、それらのDVDで学んだことを活用しようとしても、上手くいかないことが多いのです。

それは何故かと言うと、たとえばスポーツ関連の治療法ですと、若くてスポーツをしている人は、簡単に治ってしまうからです。
これは、スポーツトレーナーをしている鍼灸師なら、すでに理解していると思います。

しかし、鍼灸院の臨床では、高齢の方が多いはずですので、DVDのように上手くはいかないはずです。
ですから、我々はDVDの真似をするのではなく、「DVDで解説している治療法の元の治療法は何なのか」を考えるのです。
(元の治療法も理解していなければ難しいのですが……)


「足関三穴」を開発するときも、最初に「人体惑星論」(通称・七星論)で考え、それから勉強してきたことを参考にしようと思ったのですが、難しい課題になってしまったので、自分なりの理論で組み立てたのです。
ですから「足関三穴」はちょっと異例です。

筋骨系だけでなく、臓腑系までも整えてしまうからです。
片足への刺鍼だけで、手指の関節の痛みまで取れ、頭痛や臓腑痛まで治まってくるので、今までの治療法の概念から外れるわけです。
なので「異例」というわけです。

たとえば最近では、最初に「足関三穴」だけをして、その効果を患者さんにも確認させてから、他の治療に入るようにしています。
たとえば、以下のように訴える方が来られました。

① 右肩甲骨周りが張っている

② 腰全体が重たい

③ 胃の調子が悪い

で早速、足関三穴を使いました。
ほとんどが「即刺即抜」状態ですので、患者さんにすれば、
「どないなってんの?」という感じのようです。

この方は、当院で何度も治療を受けているので、私がニコっと笑うと、
「何か始めたんだな!」という顔をしていました。
そして、足関三穴に刺鍼抜鍼をしてから、
「はい。腰の重みも、肩甲骨の周りも、胃の調子も治まっていると思いますが……」と言うと、起き上がって確認をして、笑っていました。

治ってしまったのです。
治療だけの時間だと、1~2分ですので、笑ってしまうのです。
人は理解できないと、笑ってしまうことが多いからです。(^_^;)


このブログを読まれている方々の中には、
「そんなことはないだろう」と思っている方が多いと思います。
しかし、ブログには嘘は書けません。

何故なら、その患者さんがブログを読んだら、自分であることがわかるので、嘘や間違ったことを書くと、悪い噂が流れてしまうからです。
そこが「セールスレター」と大きく違うところです。

たとえば、上に書いた症状で、ご本人がこのブログを読んだら、すぐ自分のことだとわかるはずです。
治療は、患者さんと治療師の信頼関係が大切です。
ですから、オーバーなことを書いて、信頼関係を崩すようなことはできないのです。

ただ、ブログにはあまり詳しいことは書けないこともあります。
たとえば、この方の場合ですと、脈診や脊椎診もしたのですが、そこまで書く必要はないと考えているわけです。

理由は、鍼灸師でない方に脈診の話をしてもわからないだろうし、文章だけなら何とでも書けるからです。
ですから、詳細は「臨床実践塾」のような講習会で解説するわけです。

私にすれば、毎日同じようなことを書いている気分になるのですが、人は、自分とピッタリの症状を読むと納得するので、「症例報告」として、それぞれの患者さんが訴える症状を、そのまま書いているのです。
もちろん、私も「おもしろい」と感じているから書いているのです。(^_^;)
2019/06/16

しゃがんで両膝を広げようとすると鼠径部が痛い(6/30の臨床実践塾)

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



こんな感じに膝を広げようとすると鼠径部が痛い(イメージ写真) 



① 口の中の渇きと舌の違和感

② 右腕の痛み

③ しゃがんで両膝を広げると鼠径部が痛い

④ 肩凝り

⑤ 軽い頭痛

このように訴える方が来られました。
このような症状で、②~⑤までなら、「足関三穴で取れる」という自信がありましたので、

「めっちゃくちゃおもしろい治療法があるので、それでやってみましょう」と言って、足関三穴を行いました。
鍼を刺して、すぐに抜く即抜です。

「はい。多分治っていますので、試してみてくれませんか」と言うと、キョトンとした感じで、言葉が通じてない様子。
そこで、

「どのようにしたら鼠径部が痛かったんですか。それをやってみてください」と言うと、

「えっ? たったあれだけでですか?」と、私の目を見ながら言う。

「そうなんです。だから面白いんです」と言うと、ベッドから降りて、またも私の目をみて、上の写真のようなポーズを取ったりしていましたが、

「痛くないですね。ええーっ? あれ? たったあれだけでですか?」と言う。

さらに追い打ちをかけて、
「肩凝りや頭痛も治っていると思いますが、どうですか?」と言うと、肩を上げ下げして、頭を振り、首を横に振った。(治っているというジェスチャー)

そして再び、
「たったあれだけでですか?」と言う。ですから冗談を交えて、

「これで治療は終わりですよと言ったら、詐欺だと言われる可能性があるので。もうちょっとしておきますね・笑」と、全経絡を整える治療に入った。

その頃には、①口の中の渇きと舌の違和感 も消えていたと思いますが、聞くのを忘れて聞きませんでした。(^_^;)
何故、「口の中の渇きと舌の違和感」が消えていると思ったのかというと、肩こりが取れていたからです。

このところずっと「足関三穴」を使った治療をしていますが、ほんとに面白い。
何が面白いかというと、
患者さんの驚いた顔を見るのが面白いのです。(^_^;)
ビックリした患者さんの顔を見ると、つい笑ってしまいます。

新しく入った女性スタッフは、患者さんの顔と私の顔を見ながら、「楽しそうな顔」としていました。
きっと、興味津々だったことが目の前で再現されるので、興味深かったのだと思います。

足関三穴は、足関三穴のための診断もありますので、その診断を行ってから治療に入ります。
治療は、多くの場合、片足に3本の鍼をするだけなのですが、時には片足に4本、反対側に足に1本鍼をする場合もあります。(非常に少ないのですが)

「足関三穴」は凄い治療法です。
ほんとに類を見ない凄い治療法です。
とにかく凄いです。

そして、日々発展させつつあります。
足の先から頭のテッペンまで治る可能性がある治療法です。
私自身、ほんとにビックリしているぐらいです。

スタッフにも詳しいことは教えてないので、ここでも詳しいやり方は書きませんが、6/30(日)の臨床実践塾では詳しく説明させていただきます。
でも、講習案内のハガキは出さないと思います。
2019/06/15

6月30日(日)の臨床実践塾は「スポーツ鍼灸」(身体能力の高め方)

この「診断即治療」は、 Gooブログ にも掲載しております。




頭皮への鍼 



昨日から新しい女性のスタッフが来ました。
彼女の身内に、有名なアスリートがいます。
なので、スポーツに関してはかなり興味を持っています。(当然ですが……)

もう一人の男性スタッフは、大学でスポーツトレーナーをしていますので、もちろんスポーツには深い関心があり、トレーニング中での選手のケアはもちろん、身体能力には常に感心を持っていて、スポーツ鍼灸の研究の協力者になっています。

そんなこともありまして、今度の臨床実践塾は、「治療」と言うよりは
「スポーツでの高い身体能力を発揮させる方法」を公開したいと思っています。

① 投てき能力

② 太ももを挙げる

③ ジャンプ力

④ 反射神経

等々が主になりますが、ジャンプ力は2016年5月に、「新しいテクニック」として紹介した方法もやりましたが、それよりさらにジャンプする力が出る方法を公開します。
すごいですよ。(^_^;)

投てきや太ももを挙げる力は、身体バランスや臓腑機能とも関係してきますので、全体的な治療技術が必要になってきます。
しかし、あるツボを使うことで、その能力がアップされますので、それを解説していきます。

反射神経については、脳神経と関係してきますので、脳への反射神経刺激法を公開するつもりです。
この反射神経に関しては、最近の臨床でおもしろい発見がありましたので、それを公開するつもりです。

たとえば、顎関節の歪みやズレを矯正するのには、骨盤から矯正したいくのですが、足にある一つのツボで顎関節の矯正ができることを見つけてしまったのです。
つまり、顎関節の異変は、頭蓋骨の歪みでもありますので、頭蓋骨を「足にある一穴」で矯正したことになるわけです。

ただし、この場合は、まだまだ検証が必要ですので、検証を続けている最中です。
しかし、これまで当院でやってきた「ホルモン調整法」(未公開)でも自律神経を調整できますので、その方法を公開します。

「自律神経」というと、かなり範囲が広いので(広すぎるので)、ここでは「ホルモン調整」をメインにしていきます。

問題は、鍼をしたときだけ身体能力が上がっても、肝腎な競技の時まで持続させることが出来るかです。
それに関しても「秘策」がありますので、その秘策も実技で公開します。

臨床実践塾のご案内は、2~3日内に掲載するつもりです。
また、案内ハガキは、今回も出さないかも知れませんので、ご了承ください。
2019/06/14

肝臓部がチクチクと痛むとか左腰の上側が痛むという時の治し方

この「診断即治療」は、 Gooブログ にも掲載しております。




左脚の二陰交へ刺鍼 



七星鍼法には、いくつかの特効穴があり、それをうまく使うことで、症状が面白いように治まります。
たとえば、タイトルのようなことを訴えて来た方を例にしますと、この方は次のようなことを訴えていました。

① 肝臓部がチクチクと痛む

② 下腹部が張る感じがする

③ 左脇腹辺りが張っていて触ると痛い

④ (膵臓裏)辺りに空気が当るとひんやりとした冷たさを感じる

そこで七星論の考え方を導入します。
まず、肝臓部のチクチクというのは、肝臓に問題があるわけですから、そのまま肝臓の治療をすればいいわけです。

次に、左脇腹辺りが張っていて触ると痛い、というのは、脾臓(膵臓含む)からの症状と考えていいと思います。
ですから、この方は膵臓裏辺りがひんやりとして冷たさを感じると言っているわけです。
「冷たさを感じる」という場合は、多くが血液循環の問題が関係していますので、何等かの原因で血液循環が悪くなっていると考えていいと思います。

そこからが「七星鍼法」の面白いところです。

「肝臓部がチクチクして痛い」
      ↓
「膵臓の裏辺りが張って触ると痛い」
      ↓
「膵臓裏に冷たさを感じる」

つまり、人体惑星試論(通称七星論)で考えると、肝と脾の問題ととらえることが出来るわけです。
がしかし、七星論でのエネルギーの流れは、水→金→地→火→木→土と流れていますので、木(肝・胆)から土(脾・胃)へのエネルギーの流れが悪い事が想像されます。

そこで、考えられることは、「肝と脾」を同時に整えることはできないか、ということだと思います。
七星鍼法には、それがあるのです。

「二陰交」というツボです。

このツボは、二つの陰経が交わるところという意味で命名したもので、肝経と脾経が交わる所なのです。
もちろん、七星論ですので、五行論にはありません。

そこで、「二陰交」の証明を兼ねて、写真のように「左二陰交」に刺鍼しました。
そして、
「どうですかね。肝臓辺りのチクチクや脇腹辺りの張りは」と聞くと、

「あ、ちょっといいようです」と言います。

ですから、下肢への鍼は二陰交だけにして、経絡治療をしました。

そして、一応の治療が済んでから、
「どうですかね。肝臓部のチクチクや脇腹の張り感などは」と聞いたら、

「治まっています」というので、それで治療は修了しました。

ここで注目してほしいのは、下肢への鍼は「二陰交だけ」だったことです。
ですから、症状を治めるだけなら、左右どちらかの「二陰交」だけで良かったのです。
では何故上肢のツボも使ったかといいますと、再発を防止するためです。
2019/06/12

『病気治し入門』の編集から出版まで

この「診断即治療」は、 gooブログ にも転載しています。



『病気治し入門』の表紙と裏表紙 



きょうは、ここ何日かの編集での戦いのお話です。

この何日も本の編集や校正、訂正、ページ合わせ、出版社への送信と審査などで、かなり忙しい日々が続きました。
正直言って、「ぶん投げたろか」と思わないこともなかったです。(^_^;)

MyuISBNという出版社ですが、用紙の設定、原稿の書き方、表紙の作り方等々、丁寧にネットに揚げていますので、それを見ながら作業をするのですが、結構手間取りました。
最終的に行き詰まったのは、表紙の作製で、パワポで作成するようになっているのですが、何度やっても中心がズレるのです。

パワポは使い慣れているつもりでしたが、こちらで正確に作ったつもりでも、出版社にアップするとズレているのです。
そのたびに出版社から、
「確認をお願い致します」と来るものですから、
「そっちでやってよ!」と言いたくなるぐらいでした。(^_^;)

何度も何度も「確認お願い致します」と返されてくるコメントを見ていると、ノイローゼになりそうでした。
そして、最終的には「エイ、ヤー、トー」(どうにでもなれ!)と提出しました。
途中でパソコンのテンキーも壊れ、テンキーの外付けに頼る始末。
参った。

本文にしても、ワードでもInDesignでもアップできるようになっていましたが、ワードで書いたものですが、「保存」を押すと、編集した文章と違ったりするのです。
多かったのが、改行の問題です。
保存してから確認すると、真っ白なページが入っていたりするのです。
今までワードを使ってこんなことはなかったのですが、何故かそうなるのです。

悩みました。
よっぽどInDesignで書き直そうかとも考えたのですが、ワードでできれば、多くの人が出版できると考えていたので、無理矢理ワードで書き込みました。

この本を、何故そこまでして出版するのかと言うと、この本は何故か人気があるからです。
人気になった理由は多分、
① 分かり易い

② 読みやすい

③ 面白い

からだと思います。

著者である私が校正していても、思わず笑ってしまったり、「ああ、なるほどそうだったなー」とか、「次の展開はどんなん?」と興味を持つぐらいでした。
校正という仕事は、面倒くさい仕事なので、好きではありませんが、この本は楽しく校正することが出来ました。

おもしろいです。

ただ、値段を安く販売するつもりだったのですが、出版社の規定があり、ちょっと高くなってしまいました。
現在の進捗状態は以下のようなものですが、アマゾンからの出版は7月になりそうです。

書籍販売までの流れ
1.本文データのアップロード
2.表紙データのアップロード
3.書籍情報入力
4.Amazon紹介文入力
5.ご利用料金のお支払い
6.デザインエッグ審査     ← 【 現在の位置 】
7.Amazon審査
8.販売開始