FC2ブログ
2019/04/21

不妊治療をめぐる「卵の質」 

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。



写真① 当院での治療前に撮影された卵子 




写真② 当院での治療を受けてから撮影された卵子



この画像は、当院に不妊治療で来られている方から提供してもらった写真です。
遠方の方にこの卵の話をしたら、
「是非ともその写真を見せてほしい」と言われ、次いで、
「不妊で困っている人は多いので、是非公開してください」と頼まれましたので、当院の患者さんに内容を話しました。

「あ、いいですよ。ほんとに悩んでいる人は多いので、使ってください」と快く承諾してもらいましたので、公開させて頂きます。

写真①は、当院に来る前に採卵して撮影されたものです。
写真②は、当院で治療を受けてから撮影されたものです。
これまでも、
「産婦人科でサンプルにしたいほどです」と言われたとか、
「卵の形がすごくいいです」と言われましたという方がいましたが、正直言って、「何がすごいのだろう」とわかりませんでした。

この写真を見て、非常に納得しました。
で、この写真を提供してくれた方も、
「この写真を見て、頑張ってみようという気になりました」と語っていました。


厚生省の不妊治療の患者数 を見ますと、
1)不妊治療患者数(全体) 466,900人(推計)
2)人口受精 66.000人(推計)

となっており、不妊治療の種類として、
(1)一般的な不妊治療(保険適用)
・排卵誘発剤などの薬物療法
・卵管疎通障害に対する卵管通気法、卵管形成術
・精管機能障害に対する精管形成術

(2)生殖補助医療(保険適用外)
① 人工授精 (1回あたり平均治療費  1万円)
② 体外受精 (1回あたり平均治療費 30万円)
③ 顕微鏡受精(1回あたり平均治療費 40万円)

保険適用の不妊治療の場合は、治療を受ける方の経済的負担は少ないのですが、「保険適用外」になると、かなりの高額になります。
だから、経済的理由で諦める方もいます。

当院は、「不妊治療」での集客は基本的にしないのですが、毎年不妊治療で患者さんが来ていて、ほとんどが出産します。

何故当院は「不妊治療」で集客をしないかと言うと、当院に不妊治療で来られる患者さんは、ほとんどが40歳手前か40歳を超えた方です。
これは、鍼灸学校でも教えられますが、35歳以上になると卵子の質の問題が出てきます。
(これ以上の内容は書きたくないので、ここで止めておきます)

ですから仮に、仮にです。
不妊治療を受けた方が出産して、何か心身に問題のある子が生まれたらどうなるでしょうか。
出産したご夫婦は、その原因を考えるはずです。

① 夫婦のどちらかの家系に問題があったのではないか

② 何かのショックを受けたことが原因ではないか

③ 生活の中や環境で何か問題ななかっただろうか

④ 不妊治療をするときに何か不手際はなかっただろうか

⑤ もしかして鍼治療を受けたのが原因ではなかろうか

⑥ 鍼治療を原因にすれば両家の家系は守られる

そんなことを考えて、不妊治療での集客をしないのです。
でも、40歳を過ぎると多くの情報を集めています。
当院でも毎年40前後の方が出産していますので、多分、それが情報として流れ、当院に来られていると思います。

不妊の治療には、卵子の質を上げる必要があります。
それには栄養とエネルギーが関わり、エネルギーはミトコンドリアのよって生産されますので、ミトコンドリアがエネルギーを生産しやすいように、自律神経の調整、肝臓や腎臓の活力調整、生殖器の活性化、臓腑のバランスなどを考えながら治療を進めていきます。
2019/04/20

歩くと足の甲がピキッと痛い! 

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。



一点を狙って多くの鍼を打つ方法 



4月の臨床実践塾(スタッフ講習)は、おもしろい関節療法の手技で大技を行うつもりでしたが、連休の予定をスタッフに聞いたところ、「休みたい」という顔をしていましたので、4月の臨床実践塾はお休みにすることになりました。
当院に勤めてまだ1か月にもならないのに、かなり忙しい(厳しい)想いをさせてしまったので、ちょっと休憩してもらうことにしたのです。

と話は変わりますが、

「歩くと足の甲がピキッと痛くて歩けなくなる」という方がいました。
経絡で言うと、肝経と胃経辺りで、解剖では「第二中足骨辺り」になります。
でも、そこを触ると痛がります。

最初にそれを聞いたときに、他の症状や脈診からして「肝かな」と思い、肝経の治療をしたのですが、治りません。
次いで、リスフラン関節を中心に筋骨の調整をしました。
しかし、治りません。




リスフラン関節


その時思い出したのは、足の骨が溶けた患者さんです。
その患者さんは、
「踵骨が溶けていて、痛くて歩けない」と話していました。

で、その経験を、その患者さんに話し、食養生をしてもらうことにしました。
きのうで3回か4回の治療になります。
しかし、「まだ痛い」と言います。

そこで、ゆっくり足の筋骨を探っていったら、第二中足骨の外側に、ほそ~い、ほんとにほそ~い、糸のようなものが感じられるのです。

「しめた!」と思い、

「確信はないのですが、ここにたくさん鍼を刺してもいいですか?」と聞くと、

「はい。やってください」と言う。

そこで、上の写真のように中国でいう「齋針」(集鍼)という手法で鍼をしました。
痛みが取れました。
立って足踏みしても痛くないと言います。
これで何とかメンツを保つことができました。

そこで、
「これをブログに載せてもいいですか?」と聞くと、

「はい」と言います。

「再発の可能性も有るので、再発しない間にブログに載せておきたいのです(笑)」と言うと、

「あはは、いいですよ!」と言ってくれましたので、掲載させて頂きました。(^^;)
2019/04/18

あと一人スタッフがほしい・・・ 鍼灸師・鍼灸助手





現在、曜日単位でスタッフが出勤してくれますが、木、金、土の三日通しで出勤できる方を探しています。
以下の要項で募集をおこないますので、条件が合う方はご一報をお願い致します。

鍼灸師・鍼灸助手(詳細は面談の上)
木、金、土の朝9:00~19:00ぐらい(たまに延長あり)

先に履歴書(コピー可)をお送り頂いて面接の日程を決めさせていただきます。
ご一報頂ければ、当方のメールかFAX番号をお知らせ致します。
連絡は、06-6765-7622
木、金、土以外は、留守録をしていただくと、こちらからお電話を差し上げます。
よろしくお願い致します。
2019/04/17

5月の連休:ごめんなさい m(__)m




5月1日から8日までは休診とさせて頂きます 



5月の連休をどのようにするかといろいろスタッフとも相談していましたが、新しいスタッフとも相談した結果、当院も連休にさせてもらうことにしました。
ご不便おかけ致しますが、よろしくお願い致します。

治療院と直接関係はないのですが、年号も変わるので、そのお祝いも兼ねて上のカレンダーのように休ませていただくことにしましたので、よろしくお願い致します。

5月1日から8日まで休診になります。

しかし、私の連休の予定は、ビデオ編集ですので、急患は受付ます。
急患の場合は、治療院に留守録をしていただくと、こちらから電話させて頂きます。
ただし、準備に1時間かかりますので、早めのご連絡でお願い致します。
2019/04/16

『病気治し入門』の復刻版出版の予定

この「診断即治療」は、 gooブログ にも掲載しております。



病気治し入門(治療おもしろ珍道中) 



1990年に出版した本ですが、何人もの方から「再販しないの?」と尋ねられました。
と言うのは、当院の待合にその本を置いて、患者さんが手に取って読めるようにしてあったからです。

もちろんスタッフもその本を読む事ができるので、先日退社した早川先生も、

「この本は何で再販しないのですか?」と聞くので、

「う~ん、何人もの方からそのように言われるのですが、もうデータもないし、打ち込むとなると時間がないのです」と応えました。すると、

「私が打ち込みましょうか」と言うのです。

「えっ? 大変な仕事ですよ」と応えたのですが、

「大丈夫です。やっていいですか」と言うので、

「何人もの方から言われているので、打ち込んでもらったら嬉しいのですが……」と応えました。

で、治療の合間に早川先生がちょこちょこ打ち込んでいたのです。
でも、その打ち込みを始める前に退職を申し出ていましたので、
「間に合わんだろうなー」と考えていました。

しかし、しかしです。

「残りは家でやります」と退職後もずっとやってくれたのです。そして先日、

「できましたので、データを送っておきました」とメールが入りました。

やっぱりこの方は「君子」です。
何故かと言うと、
「この本を患者さんに読んでもらえば、患者さんのためになると思いますので……」と話していたからです。

論語で云うところの「君子」とは、「相手(他人)のことを優先して考え、世のため人のためになることを行う」人のことを言うからです。
ですから早川先生は君子ですね。

その早川先生の意思に応えるためにも、この本を再版することにしました。
出版のスタイルはまだ決めてないので、これから検討していきます。

現在私は、
① 新しいホームページの制作
 作業は業者さんに頼んであり、私はコンテンツ作りです

② そのホームページに載せる動画の編集
 これが時間かかる

③ 新しいスタッフへの講習
これをしないと日々の治療に差し障りがる

と、時間のかかることが多く、Facebookも「お知らせ」がある人だけに「いいね!」を押すぐらいしかできない状況ですが、この本の校正や出版形体などは早めにしようと考えています。